水道修理で蛇口 交換をより確実にする方法及び予防策

キッチンや手洗い場など、水道修理の一つで蛇口 交換があります。蛇口は手でひねって水を出す仕組みとなっており、ハンドルの下にはカバーナットをはじめ複数のパーツが重なっています。その上、水栓内部で支えているパーツが複数あり、その構造は複雑です。こうした細かなパーツの劣化が進むことでトラブルに繋がります。

■自分で水道修理や蛇口 交換を出来るか判断するために

蛇口周りからポタポタと水が出ている程度なら、自分で修理することも可能です。蛇口 交換も単水栓など構造が複雑でないものでは、工具と道具があれば概ね処置は可能です。キッチンの蛇口から大量にあふれている場合は、シンク下の流し台の配管部分に設置されている止水栓を締めることで被害を抑えることになります。一方、ハンドルレバータイプなど複雑な構造のものでは自分で処置することは難しいです。その場合は、修理業者に依頼すると良いです。
大量に吹き出ている状態では、蛇口 交換ではなく配管が破損している可能性があります。先ずは止水栓及び水道の元栓を締めて、建物全体の水を止めます。賃貸物件の場合は、部屋ごとの止水栓を締めた上での対処となりますから、管理会社への報告を先にします。各種応急処置や報告をした上で、水道修理業者に相談して下さい。

■蛇口 交換及び水道修理を防ぐための情報

生活場面で、蛇口のある風呂場やキッチンは毎日使う方が多いです。特にキッチンは、調理や洗い物をする際に水道を使用しますから、劣化に伴い蛇口 交換を必要とする場面が起こりやすいです。
水道には、たとえ使っていなくても水圧が掛かっており、勢いよく蛇口を閉めると水撃という強い衝撃を与えてしまうことになります。すぐにトラブルにつながるわけではありませんが、長期間負荷がかかりつづけると劣化も早くなってしまいます。
経年劣化に伴い、蛇口に錆が生じたことでもトラブルの原因になります。錆が水道を使用して水圧に押され流されることで、部品を傷つけてしまします。パッキンにも傷を与えてしまい、傷がついてしまうことで水漏れにも繋がります。
機器を大切に使用したり、日頃からのメンテナンスはもちろん大切です。その上で気になる症状が出たり自分で蛇口 交換や修理をすることが難しい場合は、可能な範囲早めに業者へ依頼することで費用や被害を小さくすることが出来ます。

■まとめ
近年は水回りの機器も性能が高く、自分で蛇口 交換することが難しい場合もあります。応急処置をした上で、水道修理業者に相談することでトラブルを抑えられます。日頃の生活でも、配管の清掃や機器の扱い方に注意することで、長期間問題なく蛇口の使用が出来ます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ