台所の水道修理で給湯器 交換をする場合の注意点

台所の水道修理をするにあたり、給湯器 交換が必要な場合もあります。作業をする場合は資格を持った技術者でなければ修理や交換を行うことができないと法律で定められているため、自分ですることは出来ません。そのため、水道修理業者などに依頼が必要です。

■台所の給湯器 交換にかかる費用相場と水道修理業者選び

台所の給湯器 交換をする際にて水道工事業者に掛かる費用は、給湯器の商品代金の他に取り付け費用として工賃がかかります。据置から壁掛けタイプに変更するなどの設置方法に変更が出た場合は、別途費用も掛かります。据置架台に設置している場合の費用も準備が必要です。狭所や高所に設置している場合は、時間と人員が相応に掛かりますから費用も高くなりやすいです。
水道修理業者選びですが、全国展開している所はホームページからも情報収集が可能で相応の信頼と実績がありますから安心です。特に給水装置工事主任技術者資格保持者は、台所の給湯器 交換及び設置の際に必要な資格です。故障時に備えて保証やアフターフォローが受けられる所や、すぐに駆けつけてもらえる所か否かも確認ポイントです。安さを売りにしている水道修理業者には、何かしらの理由がる可能性があるため、見積もりや相談時に確認が必要です。

■台所の給湯器 交換は水道修理業者などに依頼が必要です

現在市場に出ているタイプの給湯器 交換をするには、給水装置工事主任技術者をはじめ有資格者がする上でねじ接続でガスの配管をすることが必要です。ガス事業法54条にも定められていて、法を破ると刑事罰の対象となります。給湯器などのガス器具は取付方法を誤ると事故に繋がりやすいため、専門的な知識と確かな技術力が求められます。水道修理業者を含めて、給湯器 交換に伴い事故が起きた際には損害賠償の対象です。
近年では不完全燃焼装置が付いている為安心ですが、それ以前のものではついていない機器があります。台所をはじめ給湯器 交換をしないで放置することで一酸化炭素中毒を引き起こし人命にも影響を与えます。気になる症状が出たら、たとえ小さくても水道修理業者など専門スタッフが居る所に相談して下さい。日頃の生活でも、排気口を塞がないために機器の周りにものを置かないなどの心がけが必要です。

■まとめ
台所の水道修理の一つで給湯器 交換をする場合、給水装置工事主任技術者などの専門資格を持たない人が工事などを行うことは法律で禁止されています。間違った対処をすることで、大きな事故に繋がります。業者に依頼する場合も、費用だけで選ぶことはやめて下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ