一人暮らしの方は水道 修理業者に依頼する方が良いか

一人暮らしの方は水道 修理業者に依頼する方が良いか 一人暮らしをされる方は、新社会人や学生だけでなく高齢者など幅広くいます。生活場面にて水道トラブルは起こり得ますが、自分で修理するのと、水道 修理業者に依頼することで悩むことがあります。特に賃貸物件で生活している方には、自分だけでなく他の生活者への影響も及びますから、早めの対応が必要です。しかし、間違った対応や慌てて業者に依頼してしまうことで、二次被害へと繋がりかねません。トラブル回避をするためには、予め情報収集をすると良いです。

■自分で水道 修理する場合の良し悪し

自分で水道 修理をする際に、軽度の詰まりや水漏れの場合は問題なく対応できることが多いです。相応の知識と工具があれば、蛇口やパッキンなどの部品交換も対応可能です。ホームセンターで部品を購入する程度なら、業者に依頼するよりも費用を抑えられます。トイレなど汚物が気になり、人に知られたくない場合も心配ありませんから安心です。
一方、配管そのものにトラブルが生じている場合は自分で水道 修理することは相当な知識と時間や労力が掛かります。特に配管が複数の箇所で繋がっている場合は原因を見つけることは難しいです。一か所を修理しても他の部分で、トラブルが起きている場面もあります。症状によっては、水道局に水栓を締めてもらってから作業をしなければいけません。

■水道 修理業者に依頼する場合のポイント
自分で水道 修理をすることが難しい場合は、業者に依頼するようになります。通信環境があればスマホで検索出来ますし、家のポストに入っているチラシからも確認が可能です。情報収集は大切ですが、間違った知識を得てしまうことで大きなトラブルに繋がりかねません。
依頼をしてからのスピード力は、トラブル発生という緊急時にはぜひ確認しておきたいポイントです。特に24時間365日営業している所は、時間帯問わず対応可能です。大手企業で県内各地に支店がある所は、混み合ってなければ1時間程度で駆けつけてもらえます。水道 修理業者の信頼と実績は、ホームページや口コミからでも確認出来ます。行政から水道局指定工事店として認定している所は、高い信頼があります。専門資格を保持しているスタッフが居る場合は、相応の知識があることを確認出来ます。建築配管技工士資格保持者であれば、難しい作業を必要とする場合も安心です。

■賃貸物件で水道 修理を必要とする場面が出たら

賃貸物件で水道 修理を必要とする場面が出たら、先ずは管理会社や大家さんに状況を説明して下さい。上階や隣からの水漏れが自宅に被害を及ぼしている場合も同様です。原因が部品の経年劣化であれば、管理側が修理費用を負担する形となります。夜間や早朝などで相談出来ない状況にあれば、直接業者に依頼します。原因や修理内容について書類を作成してもらうと、事後報告でもスムーズに行うことが出来ます。
特に賃貸物件の場合や経年劣化が原因では、漏電の可能性があります。管理責任者や水道 修理業者に報告した後電気会社への連絡をして下さい。概ね24時間依頼を受け付けていますから、夜間早朝でも問題ありません。賃貸物件で契約時に火災保険に加入している場合、個人賠償責任特約、もしくは借家人賠償責任保険が付帯されていることもあります。保険により費用負担を軽減することも可能です。ただし、状況や契約内容によっては対象範囲外のこともあります。契約時の書類を確認したり、時間のある時に管理責任者に相談すると良いです。

■まとめ
水道 修理を必要とする際、自分で出来ること以外は業者に依頼すると安全です。業者のホームページで詳細な情報を確認出来ますが、信頼出来る口コミサイトからの収集も一つの資料になります。賃貸物件の場合は、保険の確認や管理責任者及び電気会社への報告は必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース